どの様な用途で使用されているのか

男性

歯の治療方法には様々な名称があり、部分入れ歯は広く知られている用語ではありますが具体的に知らない方は多いです。入れ歯の一種であり、初めて入れ歯を提案された際は不安になる事は多いでしょう。部分入れ歯はその名の通り、一部分に装着する入れ歯です。歯を失ったスペースを埋める目的で使用される事が主であり、従来の歯の機能を補います。歯科医院ではしっかり合う部分入れ歯を作成し、咀嚼や発音が今まで通り行える様に調整してくれます。装着する事で食事や会話に支障をきたす事はなく、失われた歯のスペースを埋めるので見た目も補う事ができます。全ての歯が失われている場合は総入れ歯が提案され、一本でも自身の歯が残っている場合は金属のバネ等のパーツを残っている歯にひっかけて歯を固定します。

気になる素材や構造は

歯科医

部分入れ歯は義歯床と呼ばれる歯茎の部分と人口歯の部分、そして固定し安定させる金属バネ等の装置で構成されています。また自身の歯が飛び石の様に分かれて残っている場合は、連結子と呼ばれる金属のバーで床を連結しています。部分入れ歯は残っている自身の歯に合わせて構造を変化させて作る事ができます。部分入れ歯の素材は金属部分以外はプラスチックとセラミックから構成されています。歯茎に当たる床部分には自然な歯茎の色調に合わせられる様にプラスチックが使用されており、鮮やかで健康的な歯茎に見える様に作成されています。歯は金属の場合もありますが、隣り合う歯と合わせる様にプラスチックとセラミックで作られています。

身体の不調を予防する事ができる

女性

歯は食事以外にも身体の健康を保つ重要な人間の部位です。欠損した事で歯の噛み合わせが悪いと、平衡感覚が乱れたり歩幅が小さくなったりと転倒の危険性が増します。また見た目を気にして社会活動に参加しにくくなり、閉じこもりによって廃用性の身体機能低下を招く事も懸念されています。そして食事では咀嚼力が低下する事で誤嚥性肺炎の危険性も高まります。これらの事は高齢者に対し考えられる危険性ですが、様々な理由で若い時分に歯が欠損した方にも考えられる危険性です。部分入れ歯の装着によりこれらの事が払拭できる様になります。

残っている歯も活用できて費用も良心的

口元

部分入れ歯は残っている歯に固定して装着する入れ歯ですが、残っている歯にも良い影響があります。残っている歯がしっかりしていないと部分入れ歯が固定できないと考えられがちですが、揺らいでいる場合にも装着可能です。そして固定する作用もあるので、揺らぎを抑えてしっかり固定し残っている歯を活用し続ける事が可能です。金属のバネで固定する以外にも様々なタイプが部分入れ歯にはあり、外から金属が見えない作りなど見た目に配慮する様に作成されるのが現在では一般的です。インプラントという選択肢も歯の治療にはありますが、その半額以下で作成できるメリットも部分入れ歯にはあります。

広告募集中