HOME>アーカイブ>清潔を保つためにも毎日の手入れは丁寧に行おう

保険適用できる

治療器具

歯の治療は早めに行えることが理想的ですが、忙しさなどの理由で治療が遅れてしまうこともあります。虫歯が悪化した場合は大きく歯を削ることになりますが、それでも対応できない場合は抜歯となります。そして永久歯は一度抜くと生えてくることはありません。それゆえ、人工歯で補う治療が行われることになりますが、最近はインプラントを選ぶ人も増えています。本物の歯に近い見た目と使い心地を得ることができますが、治療費は高くなりますし手術には不安があるという人も少なくありません。ブリッジでも対応できる場合もありますが、ブリッジも難しい場合は部分入れ歯での対応も考えていきたいところです。こうした治療は保険適用もされますので治療費も比較的安く済むことがメリットです。

保険適用の入れ歯

手元

部分入れ歯による治療はできるだけ安く抑えたいという場合は、保険適用の治療も考えてみましょう。保険適用の場合は治療費が安く抑えられることになることがメリットです。とはいえ、やはり欠点もあり金属のバネ部分が目立つことや使用感に違和感を覚えやすいとも言われています。そして、保険適用の部分入れ歯の素材はプラスチックのみとなっていますので見た目が不自然であることも理解しておきましょう。部分入れ歯は不潔になりやすいので、毎日取り外してのお手入れを行い清潔な状態で使うことが大切です。専用の洗剤なども用意しておくと手軽にお手入れができます。

自由診療の治療にも注目

歯科矯正

部分入れ歯は保険適用でも作ることができますが、できるだけ見た目も使用感も自然なものが良いという場合は自由診療の治療も考えてみましょう。最近は入れ歯もより高品質なものが登場しており、機能はもちろん、審美性も優れています。自由診療ではバネが付いていないものやバネが目立たない入れ歯もあり、より自然になじませることができます。色もより自然の歯茎や歯の色に合わすことができますし噛み合わせが良い、発音に問題が出ないなどのメリットもあります。残っている歯に負担が掛かりにくいタイプも増えていますので、特徴をよく比較して最適な入れ歯を選びましょう。

広告募集中