HOME>記事一覧>できるだけ自分の歯を削らないで治療するには

隣の歯にバネで固定

科医レントゲン

部分入れ歯は抜けた歯を補うために、広く用いられる治療方法のひとつです。歯が全部抜けてしまったら総入れ歯にするしかありませんが、一本でも残っていれば部分入れ歯で治療することができます。一般的な部分入れ歯は、レジンで出来た人工の歯肉と人工歯が一体になっており、金属製のバネがついています。このバネを隣の歯に引っ掛けて固定させる仕組みです。部分入れ歯は保険治療で対応できるので、費用が比較的安くなるというメリットがあります。また入れ歯のスペースを確保するために健康な歯を削る場合がありますが、ブリッジに比べて削る部分を最小限に留められることも利点といえます。

違和感を少なくする

歯科矯正

保険適用外になりますが、入れ歯の土台部分とバネが一体になった部分入れ歯もあります。このタイプは普及型よりも周囲の歯にピッタリと合わせることができ、全体が小型なので異物感が少ないというメリットがあります。

支える歯にも注意

歯科治療

部分入れ歯を快適に使うには、バネを引っ掛ける歯が健康でなければなりません。もし虫歯があったりぐらついていたりするときは、しっかり治療してから入れ歯を作ることが大切です。その後のメンテナンスにも気をつけましょう。

広告募集中